施行期日: 令和2年11月26日

こんにちは。私たちは、皆さまが好きな仕事をしながら暮らせる世界を作っていくクラス101日本合同会社(以下、「会社」といいます。)です。

この利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、CLASS101サービスの利用に関連する会社と会員との間の権利と義務に関する内容を定めるものです。

ただし、会社は、様々なサービスを提供する過程で、本規約以外に個別規約またはポリシー等(以下、「個別規約等」といいます。)を定めることがあり、個別規約等が定められた場合は、本規約と合わせて個別規約等の定めが適用されます。本規約と個別規約等の内容に矛盾抵触がある場合は、個別規約等の定めが優先するものとします。

会社は、会員の権利を保護するために、上記のような内容が簡単に分かるように本規約を作成し、明確に表示しています。

CLASS101サービス利用前に本規約を必ずご確認いただき、同意のうえご利用ください。 😊

 
1.用語の定義

本規約で使用される用語の意味は次の通りです。 ただし、別途定義されていない用語のうち、法令上の用語は当該法令上の定義に従い、一般的な取引上の用語は取引慣行に従います。
 「CLASS101」とは、会社が情報通信網を利用して会員にクラスコンテンツ及び商品を販売するサービスプラットフォームをいいます。
 「サービス」とは、会社がCLASS101を通じて会員に有料または無料で提供するサービス一切のことをいいます。
 「クラスコンテンツ」とは、知識、情報等を伝達するために作られた符号·文字·図形·色彩·音声·音響·画像及び映像等(これらの複合体を含む)の資料または情報をいいます。
 「商品」とは、会員に有償または無償で提供する有形財貨をいいます。
 「会員」とは、CLASS101を利用するために、本規約に同意し、会員登録手続きを終えた後に会社から会員登録の承諾を得た個人または団体をいいます。
 「CLASS101利用契約」とは、会員と会社との間で本規約の内容に従って締結される、CLASS101の利用に関する契約をいいます。
 「会員登録」とは、会員が会社との間で本規約の内容に従ってCLASS101利用契約を締結することをいいます。
 「退会」とは、会員が会社との間で本規約の内容に従ってCLASS101利用契約を解約することをいいます。
 「会員情報」とは、会員が会社に対して会員登録の際に提供する情報全てをいいます。
 「アカウント」とは、会員がCLASS101にアクセスし、サービスを利用するために必要な情報の集合体で、電子メールアドレスやパスワード等の情報一切をいいます。
 「クリエーター」とは、クラスコンテンツの制作においてその過程全体を企画し、責任を負う個人または団体をいいます。
「掲示物」とは、会員がサービス上に投稿するコメント、写真その他のコンテンツをいいます。

 

2.ビス利

2.1 会社は会員にクラスコンテンツ、商品等の販売を含めた知識と情報を提供できる様々なサービスを提供します。
2.2 会員は、コンピューター、携帯電話等の情報通信機器を使用してサービスを利用することができ、個別サービスの具体的な内容と利用条件は、個別規約等、お知らせ、サービス初期画面等で確認することができます。
2.3 会社は会員全員に基本的に同じ内容のサービスを提供します。 但し、関連法令または個別サービス提供に関する特別な事情により年齢等を基準に利用者を区分してサービスを提供し、または、サービスの内容、利用時間、利用回数等を変更するなど、サービスの利用を制限することができます。 これに関する詳しい内容は各サービス上の案内、お知らせなどでご確認いただけます。
2.4 会員が未成年者である場合は、親権者等の法定代理人の同意を得たうえでサービスを利用してください。

 

3.員登録と退会

3.1 会員登録は、会員が本規約に基づいて会社に会員登録を申請し、会社から会員登録に対する承諾を得た時に完了します。
3.2 会社は、以下の場合、会員登録の承諾を延期または拒否することができます。
 - 会員登録に必要不可欠な情報の提供を断った場合
 - 他人の情報または虚偽の情報を入力して会員登録を申請した場合
 - 社会秩序を破壊する目的で会員登録を申請した場合
 - 会員が、関連法令、本規約、個別規約等その他会員と会社の間の契約に対する違反を理由にアカウントの利用が停止されたことがある場合
 - 会社の営業を妨害し、または、会社に対して損害を与える目的で会員登録を申請したと会社が合理的に判断した場合
 - 営利目的で会員登録を申請した場合- 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、極左・極右団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていると会社が判断した場合
 - その他、会社が会員登録を承諾できないと判断した場合
3.3 会員は、いつでも本規約に基づき、会員退会を申請することができ、会員が申請した退会を会社が承諾した時をもって会員は退会します。ただし、以下のいずれかに該当する場合、会社は退会の承諾を拒絶または保留できます。 
 - 会員が会社に対して履行しなければならない法律上の義務が存在する場合
 - 会員と会社との間に紛争が発生または発生する可能性が相当程度ある場合3.4 会社は、会員が3.2条の事由に該当することが明らかになった場合、会員の申込如何にかかわらず、会員を退会させることができます。
3.5 会社は、会員退会時までに会員から提供された情報を関係法令や「クラス101 プライバシーポリシー」等に基づき、削除、破棄または一定期間保管します。ただし、会員が退会するまでに作成した掲示物は削除されず、会員退会後は会社に対してその掲示物の削除を要求することはできません。

 

4.会員の利と義

4.1 会員は、サービスの利用にあたり、日本国の法令と本規約、個別規約等を遵守しなければなりません。
4.2 会員は、会社が提供するサービスを有料または無料で利用できます。会社は、有料サービスの具体的な内容と利用条件をサービスの初期画面に掲示します。
4.3 会社は以下の事由が発生した場合、会員によるサービスの利用を一時的に中断することができます。
 - 電気通信設備の点検、補修、交換
 - 情報通信網の障害
 - その他の法的・技術的障害
4.4 会員は、アカウントを適切に管理しなければならず、アカウントを第三者に提供し、または、流出させてはなりません。会員は、自身のアカウントが盗難や第三者に使用されていることが判明した場合には 、直ちに会社にその旨を通知し、会社より指示がある場合にはそれに従うものとします。
4.5 クラスコンテンツを含む一切のサービスは、会員本人のみが利用できます。会員は、第三者にサービスの利用権限を提供(担保、信託などの設定を含む)することや、利用許諾をすることはできません。
4.6 会員は、サービスによって取得したクラスコンテンツその他の情報をアーカイブ、複製、配布、修正、展示、実演、出版、ライセンス、二次的著作物として生成、販売、勧誘その他の利用をすることはできません。
4.7 会員は、サービス内のコンテンツ保護機能を迂回、削除、修正、無効、弱化または毀損し、サービスにアクセスする際、ロボット、スパイダー、スクレーパーやその他の自動化手段を利用し、またはサービスを通じてアクセス可能なソフトウェアやその他の製品、プロセスに逆コンパイル、リバースエンジニアリング、逆アセンブルまたは、コードや製品を挿入または、何らかの方法でサービスを操作または、データマイニング、データ収集、抽出方法を使用することはできません。
4.8 会員は、コンピュータウイルス、その他のコンピュータコード、ファイル、プログラムを含み、サービスと関連するコンピュータソフトウェア、ハードウェア、通信機器の機能を妨害、破壊、または制限するために設計されたデータをアップロード、掲示、電子メールの送信その他の方法によりCLASS101に送信することはできません。
4.9 会員は、サービス内で掲示物を作成することができます。 ただし、会員が作成した掲示物が以下のいずれかに該当する表現を含むまたはそのおそれがある場合、会社は、会員に対して当該掲示物の削除を要請し、または当該掲示物を削除することができます。
 - 日本国または外国の法令に違反する表現
 - 日本国または外国での犯罪に関する表現
 - 会員または第三者の営利を目的とした表現
 - わいせつ, 暴力的, 残虐的, 射幸的な内容などが含まれた表現
 - 面識のない異性との出会い等を目的とする表現
 - 社会秩序を破壊する表現
 - 事実または虚偽の事実の摘示によって会社または第三者の名誉を毀損する表現
 - 会社及び第三者の知的財産権その他の権利を侵害する表現
 - 個人の人権や平等権を侵害する差別的表現
 - 会社がスパムと認める表現
 - その他会社が不適切と認める表現
4.10 会員はサービスの利用に関して、以下のような行為はできません。会員が次のような行為をした場合、会社は会員に対し、掲示物の削除、アカウントの一時または永久利用停止、損害賠償請求、刑事告訴または告発などの措置を取ることができます。
 - 日本国または外国の法令に違反する行為
 - 本規約または個別規約等に違反する行為
 - CLASS101を直接または間接的に利用した不法行為
 - 不正な情報を入力して会員登録を進める行為
 - 偽計、威力などの方法で会社の業務を妨害する行為
 - 偽計、威力などの方法で会員のサービス利用を妨害する行為
 - 他人の個人情報または決済手段を盗用する行為
 - 会社の事前許可なく本人または第三者の営利目的でCLASS101を利用する行為
 - 第三者の情報を無断で収集する行為
 - 会社が運営するサービスを毀損または妨害または、サーバーに過負荷をもたらす行為
 - 会社が定めた情報以外の情報(コンピュータープログラム)の送信または掲示
 - その他会社が不適切と判断する行為
4.11 サービスの利用に関して、他の会員または第三者に対して不利益または損害を与えた場合、会員は、自己の費用と責任においてこれを賠償するものとし、会社は、これらの不利益及び損害について一切責任を負いません。

 

5.アカウントの利用停止

5.1 会社は、本規約に基づいて会員のアカウント利用を一時的または永久的に停止できます。
5.2 会社は、会員のアカウントの利用停止開始日の1週間前にその旨を会員に通知します。 但し、会社はやむを得ない場合、通知期間を短縮でき、または事後的に利用停止の通知をすることができます。
5.3 会社は、アカウントの利用が停止された会員の掲示物の全部または一部を削除することができます。

 

6.知的財産の保護

6.1会社がCLASS101を通じて会員に提供するクラスコンテンツ等の著作物は、会社または第三者の知的財産として日本国と外国の法令により保護されます。
6.2 会員がCLASS101に情報を掲示する場合、会社または会社の指定する第三者はその情報を会社またはCLASS101の広報、マーケティング等営利的な目的で利用できます(会社が必要かつ適正とみなす範囲で省略等の変更を加えることを含みます。)。 ただし、会員が会社に対してその利用に反対する意思を通知する場合、会社はその利用を中断します。会員は、掲示物に関する著作者人格権等の権利を会社または会社の指定する第三者に対して行使しないものとします。
6.3 会社は、営業上の必要に応じて会員が掲示した情報の全部または一部を修正または削除し、または掲示場所を変更することができます。
6.4 会員は、掲示物の内容が第三者の著作権、商標権、特許権、意匠権、実用新案権、営業秘密、名誉権、肖像権、プライバシー権、パブリシティ権、その他法令上または契約上の権利を侵害しないこと、法令に違反しないことを保証します。本項の違反に起因して、会社が第三者に追及され、または行政官庁等に処分された場合、会員は自らの費用と責任において当該問題を解決することとし、それによって生じた会社の全ての損失および費用は、会員に請求できるものとします。

 

7.個人情報保護

7.1 会社は、会員の大切な個人情報を保護するため、「個人情報の保護に関する法律」に基づき「クラス101 プライバシーポリシー」を作成し、これを遵守しています。 会員は、「クラス101 プライバシーポリシー」をCLASS101で確認することができます。
7.2 会社は、「クラス101 プライバシーポリシー」に基づき、会員の個人情報を収集し、利用します。
7.3 会社は「クラス101 プライバシーポリシー」に基づき、会員に電子メール、SMSその他電子的媒体を利用して営利目的の広告性情報を送信することができます。 この場合、会社は会員に広告受信を拒絶できる方法を会員に提供し、会員は広告受信を拒絶できるものとします。

 

8.規約の解

8.1 本規約に明示されていない事項は、「消費者契約法」、「特定商取引に関する法律」、「個人情報の保護に関する法律」等の関係法令や「クラス101 プライバシーポリシー」等によります。
8.2 会社は、本規約を信義誠実の原則に従って公正に解釈し、顧客によって異なる解釈をしません。
8.3 本規約において、「民法」、「消費者契約法」その他の法令の規定により合意をしなかったものとみなされる定めまたは無効と判断される定めがある場合には、当該定めのみが最小限の範囲で、合意をしなかったものとみなされ、または無効となるものとし、これ以外は有効に存続するものとします。

 

9.会社の責任と免責

9.1 会社の責に帰すべき理由により会員が損害を被った場合、会社は会員に損害を賠償します。 ただし、損害賠償は、会員が実際に被った損害を限度とします。
9.2 会社は、サービスの適法性、正確性、真実性、信頼性、有効性などを保証しません。
9.3 会社が商品の製造業者等でない場合、会社は会員に有料または無料で提供する商品について「製造物責任法」による製造物責任を負担しません。 ただし、会員が会社に商品の製造業者等に関する情報を要請する場合、会社は相当な期間内にその情報を会員に提供します。
9.4 会社は「個人情報の保護に関する法律」に基づき、会員情報を含むCLASS101データ一切に関してセキュリティに必要な技術的措置をとっています。 ただし、会社は上記のような技術的措置にもかかわらず、第三者がハッキング、コンピュータウイルス等の方法により会社の情報通信網またはこれと関連した情報システムを攻撃する行為を行って発生した事態により会員に発生した損害については責任を負いません。
9.5 会社はCLASS101を構成するデータの整合性については保証しません。
9.6 会社は、以下のいずれかに該当する場合については責任を負いません。
 - 会員の帰責事由によって生じた損害
 - 会社の責に帰すべき事由または具体的な被害事実が証明されていない損害
 - サービスの適法性、正確性、真実性、信頼性、有効性等に関して生じた損害
 - 会社が製造業者等でない場合、会員に供給された商品に関する「製造物責任法」上の製造物責任に係る損害
 - 天災地変、争議行為、感染症など会社が統制しがたい事情により発生した損害
 - 会員間またはクリエーターと会員間の紛争により生じた損害
9.7 8.3条に基づき合意をしなかったものとみなされ、または無効と判断された定めが、会社の責任を全部免責する定めである場合において、会員に生じた損害が会社の債務不履行または不法行為に基づくときには、当該定めは、会社に故意または重大な過失がある場合を除き、会社は、会員が現実に被った直接かつ通常の損害についてのみ賠償責任を負うものとし、当該責任に基づく賠償額は、5000円を超えないものとする規定に読み替えて適用されるものとします。
9.8 会社は、任意の理由により、会員への事前通知をすることなく、いつでもサービスの全部または一部を終了及び変更できるものとします。会社は、サービスの終了及び変更による損害について、会員及び第三者に対して責任を負わないものとします。

 

10.規約の改定

10.1 会社は、関係法令に違反しない範囲内で本規約を改正することができます。
10.2 会社が本規約を改訂する場合、会員に主要改訂内容と施行日等を明示し、施行日の7日前に電子的方法でお知らせします。 ただし、会員に不利な内容が含まれる場合は、施行日より30日前にお知らせします。

 

11.通知と公告

11.1 会社は、本規約に基づく通知を会員から受け取った電子メールアドレス、電話番号などを通じて電子的方法で通知します。
11.2 会社は、会員を対象とする通知に代えて、CLASS101に電磁的方法により公告することができます。 ただし、会員のサービス利用に関して重大な影響を及ぼす事項は個別に通知します。

 

12.準法及び裁判管轄

12.1 本規約の解釈と適用は日本国の法令によります。
12.2 会社と会員の間に紛争が発生した場合、本規約に関する一切の紛争に関しては、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

CLASS101サービスについてご不明な点がございましたらカスタマーセンター(メール:japan@101.inc )までお問い合わせください。