クレイ

立体造形に挑戦!粘土や樹脂で作るあなただけのフィギュアやアクセサリー

By CHIMNEY

234

新規会員登録で5,000円OFF

クーポンコード:welcome101

クレイ

立体造形に挑戦!粘土や樹脂で作るあなただけのフィギュアやアクセサリー

By CHIMNEY

234

新規会員登録で5,000円OFF

クーポンコード:welcome101

このクラスについて

23件

レッスン動画数

3月23日

クラス公開日

24週

受講期間

クラス紹介

「立体」のものって、自分には作れないと思っていませんか?


はじめまして!立体作品を中心に活動しているCHIMNEYです。

普段は小さな立体作品の製作・販売だけでなく、リアルな造形をした花器や、イラストを使ったグッズなども製作しています。また、個人製作やお仕事だけでなく、イラストレーターさんとのコラボ作品の製作や個展での展示作品にも力を入れています。個展の際は他業種のクリエイターさんに協力いただいて、動くジオラマ作品なども製作しました。ただ立体を作るだけでなく、さまざまな形で楽しんでいただけるよう、また自分も興味のあることをどんどん試していくように心がけて作品作りをしています。



このクラスでは、素材や基本の製作工程を知り、自分の作りたい物を立体物としてイメージする方法について伝えていきます。頭の中で想像していたことを形にしてみましょう。


立体の作品を作ることができたら、

もっともっと表現が広がります!



普段の製作では動物やオリジナルのキャラクターたちを、ポージングで性格や感情がほんのり伝わり親しみを覚えてもらえるよう心がけてデザインし製作をしています。

ただ作るのではなく、そのとき興味のある素材や、したことのない作り方をなるべく試しながら、開発・チャレンジする気持ちで作品作りをしています。



初心者でも挑戦しやすい半立体から

本格的なモールドで作る立体造形まで



素材やツールを知りながら、自分が作りやすい・作ってみたいものをしっかり考えて、習ったことを応用していってもらえるようなクラスにしました。作りたいものによって必要なツールの種類や量が変わるため、キットはクラスでその感覚を掴めるボリュームにしました。粘土だけでも、市場ではいろいろな種類があるので、受講後は他の素材やツールにも興味を持って新たなチャレンジをしていただけたらと思います。

また、細かく作り込むより、完成までテンポよく持っていくことを薦めたいです。



平面でしか想像していなかったものを立体として実体化する楽しさを知り、ものづくりの世界を一緒に広げていきましょう。

カリキュラム

クラスを受講した方が実際に、学んでいるカリキュラムです。コンテンツは、簡単に学習できる動画、授業ノート、添付ファイルで構成されています。

0時間 00分

WELCOME

WELCOME

1

クリエイター紹介、クラス紹介

2

キットの確認

CHAPTER 1

粘土の半立体ブローチ

1

ブローチをデザインしよう

2

粘土造形を始めよう

3

細かく作り込んでいこう

4

色を塗って金具をつけよう

CHAPTER 2

粘土の立体造形

1

半立体との違いを押さえながらデザインしてみよう

2

造形のベースを作ろう

3

360度細かく作り込んでいこう

4

色を塗って完成させよう

粘土樹脂を利用して
3個の作品 を作る

作品1点につき制作にかかる時間の目安は2時間~6時間です。

半立体のブロッチ

立体作品

型から作る立体作品

キット

粘土は大きなものを作らなければ3点とも作れる量だと思います。レジンとシリコンは余るので、今後継続して作ってもらえるよう型取りとキャストの工程はしっかり説明をしたいと思います。塗料やツールは最小限にしているので、「こういう風に仕上げたい時はこういうツールがおすすめ」というようにいろいろな例を紹介して、作りたいものに合わせてツールを揃えてもらう流れにできればと思います。

【オールインワンキット】



①サンドペーパー(紙やすり#100/#240/#320)

②アクリルガッシュ5色セット(ホルベイン)

③シリコーンゴム

④ブローチピン

⑤Mr.シリコーンバリアー多目的離型剤

⑥Mr.サーフェイサー1200スプレー

⑦Mr.ベースホワイト1000

⑧Mr.溶きパ

⑨筆つき粘土ニス

⑩ラドール500g

⑪石粉粘土ファンド(白)

⑫木製ベラ3本組

⑬ステンレス細工棒

⑭筆


【ご自宅でご用意いただくもの】

油粘土、電子スケール、針金(硬いものであれば百均でOK)、作りたいものに合わせた塗料もしくはスプレー、トップコート、接着剤(アクセサリーを作る場合)、カッター、ラップ、アルミホイル、新聞紙、ダンボール、紙コップ、つまようじ、牛乳パック、いらない紙

【あると良いもの】

リューター、発泡スチロールかスタイロフォーム、ピンバイス、オーブンレンジ、マニキュア(百均でOK)、粘土板(百均でOK)、紙パレット(百均でOK)


❗️写真はイメージです。キットの調達状況により、実際にお手元に届くキットが写真のデザインや色と異なる場合があります。クラスの受講には影響ございませんが、必要な場合には別途ご案内いたします。

❗️万が一、キットに問題があった場合は、受取日から1ヶ月以内に限り、交換又は払い戻しが可能です。また、キットに欠落品があった場合も、受取日から1ヶ月以内にご連絡があった場合に限り対応可能な点、予めご了承ください。


❗️キット発送に関する注意事項

・キットによって配送業者が異なりますので

配送業者・配達日の指定はそれぞれ承っておりません。

・住所不明や長期不在によりキットが返送された場合、または

配送途中の届け先変更による再発送には手数料が発生します。

・「発送後」のお届け先変更は、直接配送業者に連絡し変更を

行っていただく必要がございます。

・キットは入金確定後、24時間内に発送手続きを行い、

この時点からキャンセル・変更には手数料が発生します。

配送状況・手数料の確認はお問い合わせ先へご連絡ください。


❗️キット配送は配送開始から営業日基準1〜2週間ほど

お時間をいただく場合がございます。

クリエイター紹介

CHIMNEY

CHIMNEY

小さな立体作品の製作・販売だけでなく、リアルな造形をした花器や、イラストを使ったグッズなども製作しています。また、個人製作やお仕事だけでなく、イラストレーターさんとのコラボ作品の製作や個展での展示作品にも力を入れています。個展の際は他業種のクリエイターさんに協力いただいて、動くジオラマ作品の製作なども製作しました。ただ立体を作るだけでなくさまざまな形で楽しんでいただけるよう、また自分も興味のあることをどんどん試していくように、心がけて作品作りをしています。



Q. 先生はどのようなきっかけで立体造形を始められましたか?

高校生のころに映画や昔のアニメの食玩を見て、二次元だと思っていたものが実物として目の前にいることに感動し立体物に興味を持ちました。大学生になりデザイナートイというジャンルに興味を持ち、同時期に大学で友人が「立体造形部」を立ち上げたこともあり、自分でも立体作品を製作するようになりました。(ちなみに芸術大学に在学していましたが、専攻は造形ではありませんでした。笑)


Q. CLASS101でオンラインクラスを開講した理由は何ですか?

立体造形に興味はあるけど何から初めて良いかわからない、という声を聞くことが度々ありましたが、素材やツールを知ることができれば造形を始めることは難しくないと思っています。立体造形に触れるハードルを下げられればと思い開講を決めました!


Q. クラスを企画するときに最も力を入れたポイントは何ですか?どのような方々にこのクラスをおすすめしますか?

世の中にはいろいろな素材やツールがあり、私も普段使うものはその中のほんの一部です。人によって使いたい・使いたい素材やツールが違ってくるので、いろいろな選択肢を紹介しながら興味を広げていただければと思いカリキュラムを考えました!試行錯誤しながらものづくりを楽しめる方にはとてもおすすめです。


Q. このクラスを通して受講生の方々にどのような経験をしてほしいと思いますか?

平面でしか想像していなかったものを立体として実体化する楽しみを知ってほしいと思います。


Q. 受講生の方々に一言お願いします!

ただ立体物を作るだけでなく、いろいろな素材やツールを知りながらものづくりの世界を広げてほしいなと思っています。みなさんの手からどんな作品が生まれるのかとっても楽しみにしています!

よくある質問

「見つかる、届く」
オンライン趣味クラス

CLASS101

カスタマーセンター

[受付時間] 平日の10:00~18:00

[受付時間] 平日の10:00~18:00

©CLASS101

Facebook

Instagram

Twitter

Youtube

LINE

CLASS101JAPAN株式会社 | 代表取締役 鄭 然喜 | japan@101.inc | 東京都新宿区西新宿2丁目1-1 新宿三井ビルディング 11F